シルバーのちょこっと豆知識

リーズナブルな、シルバーアクセサリーをお楽しみ頂くマメ知識です。


シルバーアクセサリーを常時着けて頂く方が経年変化しにくいです。

ご使用後、そのままどこかに置いて放置すると経年変化しやすいようです。



メッキでかぶれてしまう。。。というお客様は、「ニッケルフリー」メッキをお試しください。

 

一般的に、光沢性を向上させるために下地にニッケルという金属を使用しています。

そのニッケルに反応してしまうお客様は多いです。

当工房では、全商品ニッケルを抜いてメッキ加工を施していますので、お肌に優しい仕上がりです。

※一般的にK18ホワイトゴールドもK18YGにロジウムメッキをかけて白く見せています。


シルバーだけなら、アレルギーが起こりにくいです。

 

アレルギーを引き起こす一般的な理由は、銀に混ぜた他の金属と言われています。

シルバーの強度を高めるために他の金属を溶かし混ぜて合金にして加工制作します。

 

通常、シルバー925は、92.5%が銀で、残りの7.5%が銅などの金属です。
なので、アレルギーをお持ちの方は、

ペンダントトップのような、外からの力が加わりにくいようなアクセサリーを、

純銀(シルバー1000)でお試し頂いてもよろしいかと思います。

(※ただアレルギーの種類は様々です。心配なお客様はアレルギー検査をお勧め致します。)

 

 

金とプラチナについて

 

金の場合は、K18=金75%+他の金属25%            純金は、K24です。

プラチナの場合は、PT900=プラチナ90%+他の金属10%  純プラチナは、PT1000です。

 

※一般的にホワイトゴールドは、K18YGにロジウムメッキをかけて白く見せています。

(割り金25% (金以外の金属)でできるだけ白くしますが、黄みが残ってしまうため、ロジウムメッキをかけているようです。)

 

お客様のご使用頻度、お好み、予算に応じて金やプラチナやシルバーを使い分けて楽しんでください。




 

ひらめ記 Blog

2018年

8月

16日

金やプラチナの制作を始めました。

今までの制作は主にシルバー(銀)がメインでしたが、少しずつK18やPT900の素材の製作も始めました。

店頭販売でご要望の高かったアクセサリーを状況を見ながら制作する予定です。

続きを読む

2018年

7月

28日

リフォーム製作しました。

お客様より持ち込まれたリングを溶かし、エンゲージリング(婚約指輪)に作りかえました。

続きを読む

2018年

7月

02日

指輪のリングサイズは1号から25号まで製作いたします。

ひさびさに1号サイズのピンキーリングのご注文です。

続きを読む

2018年

6月

30日

【終わりました】モノマチクリエーターズマーケット

選りすぐりの作家さんが集まったモノマチクリエーターズマーケットが終わりました。

続きを読む